矢口税理士事務所
無料相談

現役税理士がクラウド会計ソフト「freee」を使ってみた―9日目―

前回は、作成した請求書の郵送方法やメールの送り方についてご紹介しました。

本日は、見積書や納品書の作成方法について見ていきたいと思います。

freeeでは、請求書のほかに見積書や納品書も容易に作成することができます。

例えば、見積書を一度作成してしまえば、納品書や請求書もクリック一つで作成されます。

見積書の作成方法

freeeにログインして基本画面を立ち上げます。

 

 

 

ナビゲーションメニューの「取引」から「請求書」を選んでクリックします。

 

 

 

左上タブの「見積書」を選んでクリックします。

 

 

 

「見積書を作成する」をクリックします。

前回作成した請求書と同じように、必要な内容を入力していきます。

 

 

 

作成が終われば、下の「見積書を確認する」をクリックして見積書の内容を確認します。

問題なければ、「見積書を保存する」をクリックします。

 

 

 

納品書を作成する

ここでは、ゼロから納品書を作成するわけではありません。

先程の見積書の内容をもとに納品書を作成します。

 

完成した見積書の画面右上にある「納品書/請求書に変換」をご覧ください。

そこにマウスをもっていくと、

「納品書に変換」

「請求書に変換」

という2つの表示があらわれます。

 

今回は、「納品書に変換」をクリックします。

 

 

 

納品書の作成画面があらわれますので、入力内容を確認します。

 

 

 

作成が終われば、下の「納品書を確認する」をクリックして納品書を完成させます。

 

 

 

同じ要領で請求書も作成することができます。

 

以上で見積書と納品書の作成方法についての説明を終わります。