矢口税理士事務所
無料相談

現役税理士がクラウド会計ソフト「freee」を使ってみた―7日目―

前回は、開始残高の設定方法についてご紹介しました。

ここまででfreeeの事前準備は完了となります。

本日は、請求書の作成について見ていきたいと思います。

freeeを使えば請求書にかかる面倒な処理を楽にできるようになります。

今後数回に分けて、請求書や見積書等の作成や郵送までの処理、そして取引の登録について見ていく予定です。

請求書の作成

まずは基本画面へログインします。

 

 

ナビゲーションメニューの「取引」から「請求書」ボタンをクリックします。

 

 

 

次のような画面になります。

左上の「請求書を作成する」ボタンをクリックします。

 

 

 

次のような画面になります。

ここで、請求書を作成するための基本情報を入力していきます。

 

 

 

ちなみに、請求書のレイアウトは全部で6種類あります。

好きなものを選ぶことができます。

「レイアウトを変更する」ボタンをクリックすると、以下の画面になります。

ここでレイアウトを選んで、「決定する」ボタンをクリックします。

 

 

 

それでは、請求書の基本情報を入力する画面から入力していきます。

一例として、私の場合は、顧問報酬や源泉所得税額の内容を入れます。

 

 

 

事務所の住所・連絡先・振込口座等の情報も入れることができます。

入力できれば、請求書の記載内容を確認します。

 

 

 

画面下の「請求書を確認する」ボタンをクリックします。

次の画面になります。

 

 

 

問題なければ、左上の「請求書保存と取引登録」ボタンをクリックします。

 

 

 

これで、請求書は完成しました。

 

次回は、請求書の郵送等について見ていきたいと思います。