矢口税理士事務所

現役税理士がクラウド会計ソフト「freee」を使ってみた―20日目―

前回は、専用アプリを用いた活用方法(その③)についてご紹介しました。

スマートフォンについているカメラ機能を利用して、領収証を登録することができました。

本日は、専用アプリを用いた活用方法(その④)について見ていきたいと思います。

ファイルボックスからの登録等についてご紹介します。

ファイルボックスからの領収証登録

パソコンのfreee基本画面にログインします。

ナビゲーションメニューの「取引/ファイルボックス」をクリックします。

 

 

以下の画面になります。

領収証をまだ登録していないものは、「未登録」と表示されています。

領収証上でクリックして登録を行っていきます。

 

 

 

以下の画面になります。

OCRで自動予測した項目は「OCR結果」と表示されています。

必須項目とある項目をすべて確認してOKであれば、下の登録するをクリックします。

 

 

以下の画面になります。

 

 

画像データのアップロード

パソコンに保存している画像もfreeeに取り込めます。

以下の画面から画像データをアップロードして、取引を登録します。

画面の「ファイルをアップロードする」をクリックします。

 

 

 

 

アップロードしたいデータを選択します。

 

 

アップロードした領収証データに金額や勘定科目等の間違いがないか確認して登録します。

 

 

 

ドロップボックスからもインポートできる

ファイル共有サービスのドロップボックスを利用されていれば、ここからファイルをアップロードして同期することができます。

画面の「Dropboxからインポート」をクリックします。

 

 

次の画面になりますので、Dropboxにログインしてデータをインポートしましょう。

 

 

遠方の方でも対応可能です。
一度ご相談ください。
お電話での申し込みはこちら
TEL 0480-48-6512